これが決め手!女子力向上情報


これが決め手!女子力向上情報ブログ : 2016/07/28


患者数が増加しているうつ病は脳の中の神経伝達物質である「セロトニン」が不足することにより、
不眠、憂うつ、著しい疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、意欲の低下、希死念慮、自殺企図等の様々な症状が出現します。

チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、
主に両手両足がジンジンと痺れるような感覚があったり脚の浮腫みなどが代表的で、
病状が進行すると、重症の場合、呼吸困難に至る心不全を招く可能性があるのです。

一見すると「ストレス」は、「溜めないようにするもの」「除去すべき」と捉えがちですが、
実のところ、我々は大小のストレスを感じているからこそ、
活動し続けることができています。

四六時中肘をついた横向きの状態でTVを見ていたり、
机の上で頬杖をついたり、かかとの高い靴などをよく履いたりというようなことは体の左右の均衡を悪化してしまう元凶になります。

いんきんたむし(陰金田虫)は20代〜30代の男性に多く見られており、
大抵の場合は股間の辺りにのみ拡大し、
激しく体を動かしたり、入浴後のように身体が熱くなった時に強い痒みを起こします。

体を動かすのに必要なエネルギー源としてすぐに使われる糖、
細胞の生まれ変わりに必須のタンパク質など、
過度の痩身ではこれらのように様々な活動を維持するために必ず要る栄養までもを減少させてしまう。

チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故のその後の追跡調査の結果をみると、
大人に比べると体の小さな子供のほうが広まった放射能の深刻なダメージをよく受けることが理解できます。

食事の際は、食べようと思った物をなんとなく口へ運んで数回咀嚼して後は飲み下すだけだが、
それから体は本当によく活動し食物を身体に取り込むよう努めている。

薄暗い所だと光不足によってものが見えづらくなりますが、
より一層瞳孔が開くので、水晶体のピントを合わせるのに余計なエネルギーが消費されてしまい、
光の入る場所で物を眺めるよりも疲れるのが早くなるといえます。